2007年05月30日

住宅や宅地を買うと税務調査受ける:つじつまの合う所得を申告:ローンが無難:ヨットも同じ:坪単価:外柵工事・照明・登記代

住宅展示場を見学して住宅を建てたり、注文住宅で住宅を建てると、ほとんど、いや必ずに近いほど税務署の調査があります。宅地まで購入して、建てた場合は余計にそうです。

家を建てたり、それ用の宅地を買う何年前から、つじつまの合う年収を税務署に申告してないと、痛い目に会います。

また、年収ではとても建てられないか、買えない宅地を、全額現金で建てたり、買ったりするのも、まずいです。

仮に全額現金で払えても、税務署に申告している年収とつじつまが合うようにローンで住宅を建てたり、宅地を買ったほうが良いです。

建築の坪単価は、最低価額でオプションは含まれておらず、また外柵工事、照明、空調、住宅や宅地の登記代は含まれていません。このため、建築費の一割に相当するお金は、残しておいたほうが良いと言われています。

手元にある程度お金を残しておかないと、修正申告をした場合、修正申告の税金も払えません。

ヨットは中古を買っても、税務署に調べられるようです。


posted by カズ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅展示場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。